モテイク・ダイヤリー

ミリシタとカードと色々

TOG反省会

TOGで実施されたカードのうち、嫌になるほど見かけたパワーカードを独断と偏見で紹介して反省する記事です。俺が所々やってなくて若干エアプ感あるけど許せ。

【エルフ】

ビートルウォリアー

f:id:nemuiy:20180627132611p:image

採用デッキ・アグロエルフ(SFL,CGS,DBN)

アグロエルフのダメ押し役兼貴重な疾走持ち。実装当初はリノで良かったしローテーション環境に入るまではあまり使われてなかったカード。

ジャングルの守護者

f:id:nemuiy:20180627132628p:image

採用デッキ・OTKエルフ(TOG,SFL)、ミッドレンジエルフ(TOG,CGS,DBN)、コントロールエルフ(SFL,DBN)

いきなり10ターン目に8点奪うパワーカード。実装当初はOTKの4枚目以降のフィニッシャーだったりローテーション後は遅めのエルフのフィニッシャーをした強力なカード。5ターンに出してもヘルス5のおかげで低コストフォロワーに1:1交換されにくいのもポイント。

クリスタリア・エリン

f:id:nemuiy:20180627132636p:image

採用デッキ・OTKエルフ(TOG,SFL)、コントロールエルフ(SFL,DBN)

強い効果の詰め合わせセット。そこそこのスタッツの守護であるだけでも強いのに8マナ払うことでEPを回復することができるというイカレっぷり。エリン自体に進化を切って盤面処理に使ったり疾走持ちに切ってリーサルを狙ったりとやりたい放題。

【ロイヤル】

旅ガエル

f:id:nemuiy:20180627132644p:image

採用デッキ・アグロロイヤル(WLD,SFL)、潜伏ロイヤル(WLD,SFL)

対話拒否の先攻ゲー助長カード。かつては3コストだった。また、次のパックで実装された火遁の術とのコンボもかなり強く、WLD後期ではランクマの環境デッキだった。ナーフ後はあまり見かけなくなったが、2pickで早めに出せればゲームを破壊するくらいのポテンシャルはある。

ルミナスメイジ 

f:id:nemuiy:20180627132710p:image

採用デッキ・ミッドレンジロイヤル(DBN)、コントロールロイヤル(TOG)

進化権の踏み倒し+展開というめちゃくちゃなカード。ナーフされなかったのが謎なくらい強い。主に活躍したのはローテーション環境で、後に実装された指揮官とのシナジーや援護射撃とのシナジーがかなり強い。

援護射撃

f:id:nemuiy:20180627132725p:image

採用デッキ・ミッドレンジロイヤル(CGS,DBN)

バハムートのナーフによりアミュレット軸のデッキを戦えるようになったので活躍するようになった。CGSではローランなどのコントロール系カードを生かした遅めのデッキ、 DBNではミッドレンジロイヤルのミラー対策で使われることになった大出世カード。

円卓の騎士・ガウェイン

f:id:nemuiy:20180627132742p:image

採用デッキ・ミッドレンジロイヤル(DBN)、コントロールロイヤル(TOG)

実装当初はゴリアテとバカにされていたが、ローテーション環境ではミッドレンジロイヤルではアーサーを早く展開して強い盤面の処理を押し付けるためのキーカードになりヘイトを集めることに。

【ウィッチ】

夜の魔術師

f:id:nemuiy:20180627132755p:image

採用デッキ・アグロ秘術ウィッチ(WLD,SFL,CGS,DBN)

AOE環境が多いときやドラゴンが多い時などに採用されてたカード。順当に強化されていった秘術ウィッチを支えていたカード。

天輪のゴーレム 

f:id:nemuiy:20180627132806p:image

採用デッキ・ほぼ全ての秘術ウィッチ

秘術ウィッチならほぼ全てのデッキに3投して問題ないレベルのパワーカード。標準スタッツに条件付きでデモンストライクを内蔵するというスペックだけで考えるととんでもないカード。正直このカード無しでは秘術デッキはかなりキツイと思う。

幻惑の奇術師

f:id:nemuiy:20180627132816p:image

採用デッキ・アグロ秘術ウィッチ(TOG,SFL,CGS,DBN)

秘術ウィッチの序盤を支えた強力カード。CGS環境において活躍したため体力が2から1へ変更された。TOGがローテーションから消えることで素のスペックに戻るようだ。

条件付きのデュエリスト・モルディカイであり先攻で出すとかなり強いカード。1コストの土の秘術が増えたことにより、安定して使えるようになったためチートカードと言われるまでになった。

キマイラ

f:id:nemuiy:20180627132826p:image

採用デッキ・スペルブーストを扱うほぼ全てのウィッチ(超越ウィッチ→TOG,WLD,SFL、ギガキマウィッチ→SFL,CGS,DBN、ドロシーウィッチ→CGS)

ドラゴンとネクロ以外人権の無かったTOG以降は超越ウィッチやギガキマウィッチを支えたみんなトラウマカード。CGSではドロシーウィッチにも採用されてひたすらヘイトを溜めていたパワーカード。4点飛ばせるのがあまりにも強力すぎる。さらに4/4をボードに残せるのもエグい。それまでフレイムデストロイヤーでの攻撃が主流だった超越ウィッチの完成度を高めた1枚。

魔法剣

f:id:nemuiy:20180627133123p:image

採用デッキ・超越ウィッチ(TOG,WLD)、ドロシーウィッチ(CGS)

刃の魔術師とのコンボや上記のキマイラをバフしながら超越完成を目指すタイプのデッキでたまに使われたりした。

基本はワンショットキルを狙うデッキで採用されていたカード。

変異の雷撃

f:id:nemuiy:20180627132833p:image

採用デッキ・アグロ秘術ウィッチ(WLD,SFL,CGS)

相手がどれだけ強い盤面を作っていたり、守護を並べていても全て台無しにさせたパワーカード。次のパックで登場したオズの大魔女とのコンボで多くのプレイヤーを泣かせた。

言霊遣い・ジンジャー

f:id:nemuiy:20180627132847p:image

採用デッキ・ジンジャーウィッチ(TOG,DBN)

バハムートなどメンコ級のAOEが少なく、綺麗に展開を潰されることがなくなったため、DBN環境においては常に環境にいたカード。ゼウスやイスラーフィールとのコンボはかなり凶悪。

昔ははいバハムートで終わりだった。

【ドラゴン】

大鎌の竜騎

f:id:nemuiy:20180627133152p:image

採用デッキ・ほぼ全てのドラゴン

伊達政宗を250エーテルにさせたチートカード。覚醒状態で展開すると何故か疾走がつく。そのため小回りの効く確定除去として使われたりリーサルを詰める手段として実装以降よっぽど変態なデッキではない限り必ずデッキに入れられていたカード。強すぎる。

このカードにより魔導の巨兵などのファッティが完全否定されていた過去もある。

風読みの少年・ゼル

f:id:nemuiy:20180627133159p:image

採用デッキ・ランプドラゴン(TOGナーフ前)

ナーフ前は2コストだった。そのためサハクィエルとのコンボによりバハムートを疾走させて13点バーストを浴びせたり、ウロボロスとの併用で11点バーストを叩き出したりとやりたい放題だった。効果が意味不明すぎてすぐナーフされた。

ラースドレイク

f:id:nemuiy:20180627133212p:image

採用デッキ・ランプドラゴン(CGS,DBN)

とにかく盤面を抑えたいデッキに4枚目以降のサラマンダーブレスとしてたまに使われていた。環境によっては灼熱の嵐が代わりに採用されていた。

イカれた効果のカードが多いこのパックでは比較的まともな性能をしている。

ライトニングブラスト

f:id:nemuiy:20180627133219p:image

採用デッキ・ランプドラゴン(TOGナーフ前)

ナーフ前は10マナで相手の場を全て消滅される小学生の考えたオリカだった。もちろんすぐにでもナーフされた。このカードのせいで大半のデッキが否定されたため、TOG環境を最悪な環境という人も多くいる。

ラハブ

f:id:nemuiy:20180627133233p:image

採用デッキ・ランプドラゴン(TOG,WLD,CGS)

スタッツだけなら普通サイズの守護。しかしドラゴンはマナ加速ができるので3ターン目に平気で出てくるから強かった。

後半に出ても効果により攻撃力を高めて有利トレードされにくかったのポイント。

不死鳥の乗り手・アイナ

f:id:nemuiy:20180627133241p:image

採用デッキ・フェイスドラゴン(SFL,CGS)、原初ドラゴン(SFL,DBN)

当初は見向きもされなかったカード。しかし、原初の竜使いの登場により展開すればするほど強い疾走として活躍。

ローテーション環境ではダークドラグールフォルテの代わりにフィニッシャーとして採用されていた。

竜神の巫女

f:id:nemuiy:20180627133254p:image

採用デッキ・ほぼ全てのドラゴン

説明不要のインチキパワーカード。マナブーストしながら回復もできるというマナブーストにより起きるテンポロスを完全に無かったことにする小学生が考えたカード。ナーフされるまでは攻撃力が4、体力が5だった。

なので散々ヘイトを溜め続け、ドラゴンを環境に常に居座らせたパワーカード。

SFL中期にようやくナーフされたが、相変わらず効果はかなり強い。

ウロボロス

f:id:nemuiy:20180627133302p:image

採用デッキ・ランプドラゴン(TOG,WLD,CGS,DBN)

ナーフ前はラストワードにリーダーを3回復する効果があったので、遅めのデッキやリソースの切れたアグロデッキに対してはこいつを出しているだけで勝てた。

さらにデモンストライクを内蔵しているため一生ダメージを与えられる。

倉木ショックの時についでにナーフされ回復効果を没収された。

【ネクロマンサー】

ゾンビパーティ

f:id:nemuiy:20180627133325p:image

採用デッキ・全てのネクロマンサー

3点除去に加えて後半に使うと展開することができるおまけ付き。いつ使っても強いので、あらゆるネクロマンサーデッキで採用され続けた。

オルトロス

f:id:nemuiy:20180627133332p:image

採用デッキ・アグロネクロ(TOG)

先攻なら、ナーフ前の骨の貴公子から繋げるとゲームを破壊できる。ランダム効果ではあるがケルベロスを1コスト下げたような効果であったため、アグロとの相性は抜群だった。骨の貴公子ナーフ後ではあまり使われなかった。

骨の貴公子

f:id:nemuiy:20180627133340p:image

採用デッキ・アグロネクロ、ミッドレンジネクロ

ナーフ前は3コストだった。そのため、先攻でマナカーブの通り展開し、邪魔されなければゲームを破壊できたくらい強かった。このカードのパワーがあまりにも高すぎる上に後続にはファントムハウルや魔将軍・ヘクターのようなパワーカードがあったため、ドラゴン以外のほぼ全てのデッキに有利が付いていた。

あまりにも展開が早すぎてビショップの除去すら間に合わないという謎の現象が起きていた。

破魂の少女

f:id:nemuiy:20180627133445p:image

採用デッキ・ほぼ全てのネクロマンサー

軽いネクロマンスで確定除去ができる強力なカード。さらにナーフ前は体力が2だった。

上記の骨の貴公子で墓地を溜めやすく、簡単に効果が発動できたし、そのまま出してもバニラサイズの小型フォロワーとしても使えた厨カード。

不死の大王

f:id:nemuiy:20180627133359p:image

採用デッキ・ミッドレンジネクロ(TOG,WLD,CGS)

骨の貴公子ナーフ前は全体的に早めのデッキが多くあまり使われなかった。ナーフ後はミッドレンジネクロでたまに採用されていた。

特に使われるようになったはローテーション環境で、スカルリングなどの強力なカードが追加されたのもあり、猛威を振るっていた。

本体スタッツも良く、展開するワイトもバーンダメージを与えやすく厄介なカードだった。

さらにラストワードによりワイトキングを手札に加えそのコストを0にするというやり放題っぷり。

あまりにも強かったために運営に目をつけられてコストが7から8になった。

魔将軍・ヘクター

f:id:nemuiy:20180627133408p:image

採用デッキ・アグロネクロ、ミッドレンジネクロ

コントロールしないネクロの切り札。全体に+2/0のバフだけでも強いのにネクロマンスにより展開できるのも強い。さらに突進まで付与するので守護を並べられても楽々突破可能。

ナーフ前はネクロマンス3でゾンビ召喚をボードが広がりきるまでしてその後+2/0バフと突進付与という隙のない性能で1枚でナーフ前のバハムートすら返せた。連打してるだけで勝てるとかそんなレベルだった。

暴れすぎてゾンビ召喚を効果がネクロマンス8でボードの状態に関わらず2体召喚に変更された。

ちなみにTOGがローテーションから消えることでナーフ前の効果に戻るようだ。

【ヴァンパイア】

糸蜘蛛の悪魔

f:id:nemuiy:20180627133510p:image

採用デッキ・復讐ヴァンプ(TOG,CGS,DBN)、コントロールヴァンプ(TOG,WLD,SFL,DBN)

復讐状態でなければ自傷という大して大きくないデメリット付きの低コスト守護。

カオスシップによる展開との相性は抜群。

さらに2マナで体力4なのでアグロを止めることもできる。汎用性が高すぎてほぼ全てのヴァンパイアで常に使われ続けた。

バフォメット

f:id:nemuiy:20180627133517p:image

採用デッキ・ほぼ全てのヴァンパイア

ナーフ前は攻撃力5以上のフォロワーをサーチする効果だった。エンハンスで3コスト減らす効果付き。

あの悪夢のNヴァンプを支えた1枚。TOGではメイルストロームサーペント軸やアザゼルOTKで使われたりした。

効果だけみたら面白いギミックだったのに追加カードがイカれすぎてとばっちりを受けた悲しいやつ。

現在はドラゴサモナーのような低コストサーチカードとして活躍。

 

黒死の仮面

f:id:nemuiy:20180627133525p:image

採用デッキ・コントロールヴァンプ(TOG,WLD,SFL,DBN)

復讐になった後のバーストに弱いという弱点をカバーしてくれたカード。ハースストーンでいう装甲のようなものか。

効果としては中々強いけども完全には壊れてない、良デザインなカード。でもコントロールヴァンプが微妙すぎて日の目を見なかった。

カオスシップ

f:id:nemuiy:20180627133542p:image

採用デッキ・復讐ヴァンプ(TOG,CGS,DBN)

強力な展開カード。ブラッドウルフや糸蜘蛛の悪魔などの優秀な低コストが多く、強い盤面を作り出すことができた。本体スタッツも悪くないのが強み。

TOGナーフ後環境では見事環境デッキになった。

若干運によるところもあるが、強いながらも無茶苦茶なことはギリギリしてない良カード。

ブラッドムーン

f:id:nemuiy:20180627133549p:image

採用デッキ・復讐ヴァンプ(TOG,CGS,DBN)、コントロールヴァンプ(TOG,WLD,SFL,DBN)

復讐というギミックを全否定するカード。コントロールヴァンプで使うとかなり強い。

効果自体はかなり強いけどヴァンプ自体が…というカード。

ベルフェゴールのダメージ踏み倒しはかなり強い。

ベルフェゴール

f:id:nemuiy:20180627133556p:image

採用デッキ・復讐ヴァンプ(TOG,CGS DBN)、コントロールヴァンプ(TOG,WLD,SFL, DBN)

アグロヴァンプ以外の生命線的カード。このカードがあったからヴァンプはやっていけたとかそういうレベル。

ソウルディーラーよりも扱いやすい復讐入りギミックと2ドローに加えてデスドラゴンがボードに残るとかいう強力カード。

このカードのおかげで引けなくて負け、を減らすことができていた。

【ビショップ】

苦罰の審判者

f:id:nemuiy:20180627133750p:image

採用デッキ・イージスビショ(TOG,DBN)、教会ビショ(DBN)

漆黒の法典に1ドローがついて5コスト相当のフォロワーを出すことができるカード。採用率自体はそこまで高くないが、かなり優秀なカード。1:2トレードが可能なのも大きい。

実際はハゲこと鉄槌の僧侶で良くね?だった。

ダークジャンヌ

f:id:nemuiy:20180627133759p:image

採用デッキ・疾走ビショ(SFL)

AOEとしても使え、打点を増やすこともできるカード。難点としては相手のフォロワーにもバフがかかってしまうこと。

少し癖はあるが強力なAOE兼バフとして疾走ビショップのダメ押し役として使われていた。

ヘヴンリーイージス

f:id:nemuiy:20180627133809p:image

採用デッキ・ローテーション環境におけるほぼ全てのビショップ

小学生の考えたカード。ゴーサイン出したやつクビにしろ。

ニュートラル】

ワイズマーマン

f:id:nemuiy:20180627133837p:image

採用デッキ・N軸のアグロデッキ(TOG,WLD)

WLDのアリス環境で打点を伸ばすために採用されることがあった。ゴブリンにバフをつけると地味にウザいのがポイント。

力比べ

f:id:nemuiy:20180627133845p:image

採用デッキ・イージスビショ(TOG)、ネフティスネクロ(TOG,WLD)

ナーフ前はフォロワーが場にいる限りそのフォロワーへ攻撃する、という効果だった。

ヘヴンリーイージスと組み合わせると完全にフォロワーの攻撃をシャットアウトできた。

WLD実装にあたって低ランク帯でイージスとのコンボがクソすぎ!って文句あったから使用変更します^^というお知らせの元、場のフォロワー全てに守護を付与するに調整という名のナーフがされた。

その後はダークアリスやモルディカイとのコンボで使われていた。

凍りづけの巨象

f:id:nemuiy:20180627133853p:image

採用デッキ・骸の王ネクロ(SFL)

骸の王との相性が良く、投入されていた。早く起動ができれば理不尽な盤面を作ることができた。天界への階段が1コストだった頃はかなり安定度が高かった。

SFL環境のRAGEでは優勝者が超越ドロシーの展開ギミックの1つとして投入しており、プレイヤーを沸かせた。

均衡の大梟

f:id:nemuiy:20180627133949p:image

採用デッキ・ローテーション環境におけるNエルフ(CGS, DBN)、Nウィッチ(CGS,DBN)

アリスなどの優秀な序盤を支えるフォロワーが弱体化した後の主にローテーション環境でのN軸デッキの中盤を支えるフォロワーとして採用された。後攻4ターン目に7/7を展開できるのはかなり強く、NエルフならBB、Nウィッチならジンジャーへと繋ぎやすくなるのが強み。

ゴブリンプリンセス

f:id:nemuiy:20180627133911p:image

採用デッキ・TOGにおけるミッドレンジネクロ

遅めのミッドレンジネクロにたまに採用されていた。ラストワードで手に入るゴブリンキングはかなり強く、ボード制圧に一役買う性能。

本当に強いのは2pickではあるが。

風の軍神・グリームニル

f:id:nemuiy:20180627133918p:image

採用デッキ・(ナーフ前)あらゆるデッキ、(ナーフ後)ほぼ全てのコントロールデッキ

ナーフ前はエンハンスがフォロワーに1ダメージ×4だけでなくリーダーへも1ダメージ×4だった。

そのためグリームニル→グリームニル→グリームニル→グリームニルみたいな返しでメンコ合戦だった。

さらにスタッツも良く、序盤引けなくてもノーリスクで4ダメージを与えられるためアグロやミッドレンジのダメ押しとしても使えた。

ついたあだ名が「ミスター・シャドウバース」。

ナーフ後はN軸デッキやコントロールデッキで採用された。

癒しの奏者・アンリエット

f:id:nemuiy:20180627133926p:image

採用デッキ・魔界ドラゴン(WLD,SFL)、Nエルフ(SFL,CGS, DBN)

魔界の女王、ジェネシスドラゴンとのコンボで14or18点バーストの理不尽アタックができた。好みによってウルズに変わったりした。

BBとの相性も良く、Nエルフでもバーストの手段として使われていた。

特定の条件になるとアホみたいな効果を持つカード。

イスラーフィール

f:id:nemuiy:20180627134047p:image

採用デッキ・ランプドラゴン、遅めのN軸デッキほぼ全て(WLD, DBN)、ジンジャーウィッチ(DBN)

サハクィエルとのコンボは凶悪。進化権を使わずに強い除去ができた。また、スタッツも良くフィニッシャーとしても強い。さらにファンファーレにリーダーを4回復。まで付いている。

サハクィエル以外だと、無謀なる戦とのコンボも強烈で、CGSでは大暴れした。

ゼウス

f:id:nemuiy:20180627134009p:image

採用デッキ・ランプドラゴン、遅めのN軸デッキ(WLD,DBN)、ジンジャーウィッチ(DBN)、リアニメイトネクロ(CGS, DBN)

実装当初はバハムートがいたのであまり活躍できなかったが、カードプールが変化により様々な活躍をした。

ジェネシスドラゴンがローテーション環境によって消えた後にフィニッシャーとして使われたり、魔界の女王コンボの安定度を上げるために使われたり、ドラゴンデッキは良く使われてきた。

コントロール気味のN軸デッキでは多く採用されてきており、特にジンジャーウィッチでの展開は強烈。

また、葬送、リアニメイトというギミックによりコストを踏み倒して展開できるようになったのを受け、ネクロマンサーでも使われるように。

バハムートがナーフされた後は有利トレードができるようになったのも大きい。

 

こうして見るとかなり大きなインフレを起こしたパックであると言わざるを得ない。

下方修正されたカードが13枚もあると考えると、末恐ろしい。

このパックがローテーションから消えることでデッキタイプが減り、新たなデッキタイプが増えるだろう。

また、ロイヤルのように構築がガラリと変わる可能性もある。

どちらにせよ楽しみだ。