モテイク・ダイヤリー

ミリシタとカードと色々

DBN環境所感

シャドウバースの新環境を1週間経ちだいぶ落ち着いてきましたね。とりあえず一言

 

クッソ楽しいなあオイ!?

 

前環境のドロシーとか魔界ドラとか上振れ運量コンテストデッキのガチアンチだっただけに環境の中心がミッドレンジ系デッキなのが死ぬほど嬉しいし楽しいよね(ビショはクソだけど)

 

頻度は高くないけれどもレートとランクマ両方回しているので少し気に入ったデッキ紹介でも。

f:id:nemuiy:20180406172034p:image

ハイブリッド型の人形ネメシス。

序盤は盤面制圧能力の高いAF埋め込み&サーチ系のカードでボードを抑えつつ人形を蓄え、オーキスorノアでフィニッシュというタイプのデッキ。

自分より遅めのデッキや守護が少ないデッキが得意。

逆に盤面抑えられなければ勝ち筋を探すのが難しく、先行の盤面重視するデッキやサーチやすり替わりを引けない時がつらい。また、フィニッシュをオーキスとノアに頼りきりなので引けないとキツい。

感覚としてはROB期やSFL期で活躍した【OTKリノエルフ】を遅くしたデッキと言った感じか。

 

f:id:nemuiy:20180406172525p:image

ミッドレンジネメシス

まだ迷走中ではあるが形としては完成してきているのでこのレシピが丸いのでは、と考える。

このデッキの基本は小型フォロワーと突進持ちフォロワーで盤面を抑えつつ、「レディアンアーティファクト」や「造られし獣人・サフィラ」でのフィニッシュを狙うデッキ。

最近流行っているので回し方や弱点などは割愛(フリマで試運転したらハクラビ無限に被ってキレた)

カード採用不採用の理由をメモ用に書いておく。

「機構翼の戦士」「歴史を知るもの」

デッキに不純物が混ざることで引きたくないアーティファクトを引く可能性が出てくるため。「プライムアーティファクト」は勝負を決める能力がなく、加速装置ありきの運用でしか使い辛いのでサーチ能力を考えても弱いと考え不採用。

「ミスティックアーティファクト」はミラー後攻10T以降のサフィラ警戒くらいにしか使えない+「加速装置」を使っている前提でしか強い動きができない。

また、「ハクラビ」でサーチしてきたいカードとは言いづらいため不採用。

肉球砲の撃ち手」

デッキに加えるAFが優秀。また、突進持ちなので4枚目以降の「すり替わり」ともなり、後攻でのアドバンテージが大きい。特に、現環境は2/1/2を2T目に置くことも少なくないので、少なくとも最低限の仕事はしてくれるため採用。

「神秘の番人・スピネ」

先5のボードへの影響力が大きいので採用。ボード重視のゲームや高ヘルスのカードが増える環境になれば交換候補。スピネのアーティファクトにキャントリがついてるのも優秀。

 

「造られし獣人・サフィラ」の枚数について

このデッキの軸はあくまでも「デウスエクスマキナ」なので早く引くことで流してしまうこともあり得る。そのためこのカードに頼りきりではなく、ロングゲームにも対応できるためサブプランも考慮しての2枚。

事故を減らすためにスピネを抜いて、「鉄鋼の獅子」とこのカードを+1枚ずつしても良いかもしれない。

 

f:id:nemuiy:20180406173931p:image

復讐ヴァンパイア

アグロによせた復讐ヴァンパイア。基本は盤面を抑えつつ「ベルフェゴール」を出し、復讐状態でアドバンテージを得られるカードを叩きつけて勝つデッキ。インプランサーをヴァンピィに変えたい。

回ればどんなデッキにも勝てるポテンシャルはあるが、同様にバーンに優れた早めのデッキには弱い。特に秘術ウィッチ。

また、「邪悪なる妖精・カラボス」を採用していないのでゲームが長引くほどリソースが尽きやすく、社ビショップやリンドヴルムドラゴンのような回復手段が豊富なデッキには弱い。

逆に相手よりも早くスタート出来て、回復と除去を上手く回されなければ、遅いデッキ全般に有利がつくという魅力もある。

 

 

ちなみに勝率はレート5割、ランクマ6割くらいだと思います、試行回数が少ないからわからんけどね。