モテイク・ダイヤリー

ミリシタとカードと色々

shadowverse 雑記 part2

流行るデッキ予想part2です。

【ドラゴン】

・原初ドラゴン

【龍の闘気】、【サラマンダーブレス】、【サハクィエル】がスタン落ち、【魔界の女王】のナーフによって従来の[ランプドラゴン]はSTD、DRKの時代にほぼ逆戻り。

比較的ダメージが少なく、またアグロデッキのような動きが可能なこのデッキがドラゴンの主流になるだろう。

f:id:nemuiy:20180328141305p:image

キーカードはこのカード。自分のPPに応じてオルカを展開することができるため、【原初の竜使い】とはかなり相性が良い。低コストのドラゴン・フォロワーはその数を減らさないため安定性も損なわれない。

しかし、【ワイバーンライダー・エイファ】のスタン落ちが大きく全体として従来のコントロール系のデッキの形を取るだろう。

f:id:nemuiy:20180328141559p:image

サラブレの代わりがそこまで強くないのでドラゴンはかなり厳しい戦いになるのではないだろうか。

【ネクロマンサー】

・ミッドレンジネクロ

・リアニメイトネクロ

【よろめく不死者】、【ネクロアサシン】、【冥守の戦士・カムラ】と言ったパワーカード群がスタン落ちするため、ネクロマンサークラス自体がかなり厳しい戦いになるだろう。

また、ニュートラルカード群も入れ替わりがあるため【魔将軍・ヘクター】に頼るミッドレンジネクロがメインとは言えより遅く、より重いデッキになるだろう。

また、リアニメイト、埋葬効果を持つカードの追加によりリアニメイトネクロは強くなるだろう。

f:id:nemuiy:20180328142051p:image

このカードが完全にOPなので安定性や速さを失ったミッドレンジネクロよりは増えると予想される。

【ヴァンパイア】

・復讐ヴァンパイア

・ヨルムンヴァンパイア

f:id:nemuiy:20180328142245p:imagef:id:nemuiy:20180328142247p:image

レジェンド2枚がどちらもかなりの強カードであり、CGS環境ではカードパワーが低く暗黒期となっていたヴァンパイアからするとかなり戦いやすくなるだろう。

特に【ヨルムンガンド】によるコンボを生かしたヴァンパイアは完成まで一歩足りないようなテーマだったため、このようなフィニッシャーカードの追加は一線級へと押し上げる要因になるだろう。

続く。